COMPANY 会社情報

番組審議会

番組審議会とは放送法に定められた機関であり、番組内容を定期的にチェックし、よりよい番組を皆様にお届けすることを目的とした審議機関です。
CS日本では、各界有識者の方に委員としてご参加いただき、番組内容について審議しております。

第62回番組審議会

2022年7月28日(木)開催 ※Webリモート会議にて

■ 出席委員
大石 裕(委員長)/ 大石 吾朗/ 原口 恵美子/ 鴻巣 友季子/ 福永 ひろみ/ 宮崎 至朗
■ CS日本出席者
正力 源一郎(代表取締役社長)/ 髙橋 知也(取締役副社長)/ 面髙 直子(常務取締役)/ 中川 夏樹(取締役)
  1. 議題1) MONDO TV『俺プロ!~俺たちのプロ野球~』 第 11 話「上原浩治 <元読売ジャイアンツ>前編」

    プロ野球解説者・川上憲伸<元・中日ドラゴンズ>、野球通タレント・上田まりえがお届けするプロ野球トークショー!
    元プロ野球選手をゲストに招き、当時の知られざるエピソードや裏話を披露!話が進むにつれ、言ってはまずかった秘話も ……!名場面の裏に隠された知られざる逸話を楽しむ番組!

    A委員
    今まで知らなかった選手の人となりなどを、リアルな感じで聞けて、今までファンだった人も、そうでない人でもファンになりそうな気がしました。とっても楽しかったです。
    B委員
    とにかく肩の張らないトークだったので、リラックスして見られました。深夜枠の30分ということで、絶対お酒を飲みながら番組を見ていると思われる40代以上の男性野球ファンにぴったりな番組かと思います。
    C委員
    まじめでおちゃめな川上さんと、気取らずとぼけた味の上原さんという組み合わせが、非常によく絡み合っていました。そこに上田さんが見事な触媒として働いており、視聴者の注意を引きつけられる番組になっていました。
  2. 議題2) 100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス 『24hour 純烈~純子と烈男のクリスマス~』

    “スーパー銭湯アイドル”として注目を浴び、今ではNHK紅白歌合戦に4度出場するなどお茶の間にも広く浸透したムード歌謡コーラスグループ・純烈。しかし、2020年は新型コロナウィルス感染拡大の影響で、ほとんどのライブが中止となり、2021年は十八番であるラウンド(歌いながらステージを降りて客席でファンと握手やハグを交わす行為)を封印しながらも走り続けていた。今回はそんな彼らの、満を持しての開催となる名古屋のクリスマスショーに潜入、ライブとその前後も含めて独自密着。さらに、純烈を熱く応援するファン=純子と烈男4組にも密着し、ファン視点の「純烈」とファンの日常も映し出し、様々な視点から特別な夜を切り取る。

    A委員
    ドキュメンタリーとしてはかなり秀逸なものじゃないかなと思いました。純烈とファンの方との交流や距離感を非常にうまく対照的に描いており、それが編集の妙で交互に入ってくる。かなり手が込んだいいドキュメンタリーになっているのかなと思いました。
    B委員
    監督や制作が退いて見ているのではなく、当事者としてコミットしている。その辺の面白さが十分感じられました

以上