番組基準

番組審議会

番組審議会とは放送法に定められた機関であり、番組内容を定期的にチェックし、よりよい番組を皆様にお届けすることを目的とした審議機関です。
CS日本では、各界有識者の方に委員としてご参加いただき、番組内容について審議しております。

第50回番組審議会

2018年7月25日(水) 日テレタワー ホール1A

出席委員

  • 藤田 真文(委員長)
  • 大石 吾郎
  • 大崎 善生
  • 原口 恵美子
  • 鴻巣 友季子
  • 福永 ひろみ
  • 宮崎 至朗

CS日本出席者

  • 原井 聡明(代表取締役社長)
  • 高橋 知也(常務取締役)
  • 岡田 泰三(編成局長)
議題1:

MONDO TV『最強馬券師決定戦!競馬バトルロイヤル3』

腕に覚えありの5人の馬券師が、己の馬券理論を駆使し手に汗握る“的中バトル” を繰り広げる!最強馬券師を決めるオリジナルリーグ戦!!
A委員 私は競馬をやらないのですが、ミニ知識として、ソエとか、インブリードなど一般の方に聞きなれない言葉の説明が入っているのはとても親切だなと思いました。また、今回のルール説明も非常にわかりやすくて、やらない僕でも、なかなか面白い、サバイバルだなと思って、興味深く見せていただきました。
B委員 リーグ戦よりトーナメントでやった方が面白いじゃないかと思いましたね。1対1の対決でやった方が面白いような、もっと面白くなる要素がいっぱいあるような、そういう楽しい番組であることは間違いないですね。
C委員 昭和対平成みたいな、年の功のキャリアの弥永さん対東大のクイズ王みたいな頭脳派というか、データ分析の若原さん、対比が面白かった。番組として見たときに、そのキャスティングだけでも面白いポイントでした。
また、サラブレッドは美しさの極みなので、そういうのを楽しむ女性ファンも多いと聞いていますけれども、そういったの方たちが馬券購入の参考にしても楽しいのかなと思いました。
D委員 プロの人たちはこういうふうに馬とか見ているんだという、楽しいけれども、勉強になる点が、今の番組ではすごくいいなと思っています。プロでも、こんなにやっても当たらないんだというのも、こちらの気持ちをちょっと癒してくれる。そういう意味で、非常にいい競馬番組ではないかなと思いました。
議題2:

100%ヒッツ!スペースシャワーTV プラス「三浦大知“BEST”スペシャル 拡大版」

『天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了している三浦大知。 単独インタビューに加え、今回は三浦大知が尊敬してやまないKREVAと“大人の男のグランピング”を敢行!今回は3月に放送したものに未公開シーンを加えた拡大版。
A委員 三浦さんがKREVAさんと出会ったのは随分昔で、お互いに多分リスペクトし合っている。その関係が非常によく伝わってきました。特に三浦さんは見ているうちに彼の魅力にだんだん引かれていって、すてきな男だなと素直に思いました。彼が言うように、自分の母国語である日本語の音楽でグラミー賞が取れたら、それが夢ですと言っているのは、とても好感が持てて、いい番組でした。
B委員 番組全体として、アルバム制作への思いとか、方向とかを語るのは、よかったと思います。ただグランピング部分は話の内容が少し薄く、料理シーンもやや長く感じるところもありました。
C委員 ダンスパフォーマンスのところで、本人説明との2分割の画面になっていた点は少し見づらかった点もありました。もう少しパフォーマンスの画面が大きく見られた方が、三浦さんはそのときに考えていたことが伝わってきて、よかったかなと思います。
以 上