番組基準

放送番組の編集の基準

株式会社CS日本は、その放送番組の企画・制作・実施にあたり関係法令および次にあげる基準に従うものとする。

1)基準方針

株式会社CS日本は、常に大衆の基盤に立つ民営テレビジョン機関として、その放送を通じて文化の発展、公共の福祉、産業と経済の繁栄に役立ち、平和な世界の実現に寄与し、人類の幸福に貢献することを目的とする。

この自覚に基き、我々は放送において何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守り、 民主主義の精神に従い、世論を尊び、言論及び表現の自由を確保し、社会の信頼に応えなければならない。

従ってその放送する番組は次の基本方針によるものとする。

1. 国家:すべての国及び人種・民族は公平に取り扱い、その尊厳を傷付けてはならない。
2. 社会:公序良俗を尊重し、歴史及び係争上の社会問題は公正に取り扱わなければならない。
3. 政治:特定の政党、綱領、個人を支持するような不公平な取り扱いをしてはならない。
4. 言論:言論及び報道の自由を確保し、公正的確に取り扱い外部の如何なる勢力によっても支配されてはならない。
5. 宗教:宗教は公平に取り扱い、みだりにその教義及び信仰を非難嘲笑してはならない。
6. 家庭:結婚及び家庭の神聖を冒してはならない。
7. :性を取り扱う場合は上品かつ穏健に表現し、特に未成年者に悪影響を与えるように取り扱ってはならない。
8. 犯罪:法律及び正義に反する犯罪又は罪悪は、視聴者に共感を与えかつ模倣の欲望を示唆するような取り扱いをしてはならない。
9. 児童:子供向け番組は明朗な社会生活及び公正な道徳観念を助長するものでなければならない。
10. 教育:教育番組は学問、芸術、技芸、職業などの専門的内容を系統的にしかも興味をもたせるように取り扱い、それぞれの視聴対象に必要な知識、技能を啓発、指導するものでなければならない。
11. 医学:医術及び薬品に関する番組は専門職業上の基準に則して制作し、権威ある資料に基づいて取り扱わねばならない。
12. 懸賞:懸賞競技番組は、応募者の技量及び能力によって賞を獲得するものでなければならない。単に射幸心をそそるようなものは取り扱ってはならない。
13. 広告:広告は所定の基準時間内において番組の内容及び格調によく調和し、かつ上品に表現しなければならない。違法、虚偽、誇大にわたる広告は取り扱ってはならない。
2)番組基準

この基準は、下の番組相互間の調和と適正を保つものとし、特に守るべき事項を示す。

1. 報道番組:報道番組は時事に関する速報、説明、または意見を直接扱う番組で事実を客観的かつ正確、迅速、公平に取り扱うものとする。
2. 教育番組:教育番組は、学校教育又は社会教育の為の番組で特定対象に対し、有益適切な計画内容を組織的、継続的に編成実施するものとする。
3. 教養番組:教養番組は、教育番組以外の放送番組であって国民の一般的教養の向上を直接の目的とし、合わせて品性の陶治に資するものとする。
4. 児童番組:児童番組は、児童の心理に与える影響を考慮して児童の品性を高め、健全な常識と豊かな情操を養うものとする。
5. 娯楽番組:娯楽番組は、健全な慰安を提供して国民の生活内容を豊かにするものとする。
3)放送基準

個々の番組および広告の放送にあたって守るべき基準の細目については「日本民間放送連盟・放送基準」を準用するものとする。